当社の特長

強みと将来性

強み

1.直販のブランドメーカーであること

この業界では、全国各地で2次問屋を介し施工業者に納品するメーカーがほとんどです。しかし、弊社はシンコールグループの一員であることで、2次問屋を介さず、自社ブランドを有しながら、直接、施工業者に販売することを実現している北関東では、唯一のブランドメーカー兼問屋です。

メーカーとしての営業、問屋としての営業、すべて一社でやる方針は、コストがかかりますが、川上から川下までの情報が入りやすく、ひいては、施主様からメーカーまで一気通貫の強い信頼関係が生まれ、創業以来、施工業者と共存共栄の精神で築いてきた販売チャンネルが、弊社最大の財産であり強みです。

2.充実の販売体制

在庫約6000点、配達便数23便、販売員数40名、口座先数2000社(平成26年5月時点)は、北関東では、ご安心いただける充実の体制です。
東京本社も、家具用張り地専業として、広く関東の既製品家具メーカー、特注品、張替えと取引があるために、既製品家具業界の最新情報が容易に集まります。

3.販売先=外注先

口座先2000社を40名の販売員が長年ルート販売しており、気心の知れた口座先様には、外注先として工事を依頼することも可能です。
この規模のネットワークは、北関東では弊社だけです。

将来性

1.平和産業

インテリア産業は、夢を売る仕事です。
文化や生活が豊かになるのに合わせて、消費者と一体となって幸福感を享受できる平和産業のひとつです。さらに、生きるのに欠かすことのできない「衣食住」の一端を担う仕事ですから、業態が変わっても無くなることはありません。ですから、きちんと仕事を覚えれば、「手に職をつける」がごとく、「一生食えなくなることがない」、と言っても過言ではないと思います。

2.地域密着

インテリア資材の建物全体の建築費用に占める割合は、施工代に比べるとわずかです。(商品によっては3~5%しか占めません)
そのために資材の海外生産化等が与える影響や為替変動よりも、施工にまつわる、よりトータルな付加価値が要求されるビジネスであり、シンプルに安ければ売れるというビジネスではありません。
いかに地元に根付いて貢献するかであり、将来性は景気や政治的要因ではなく、個人の努力によるところが大きいので、やりがいのある仕事です。

3.グローバル化

ここ数年、急激に家具メーカーの生産地アジア化が進んできました。
参画が成れば、アジア現地の有力工場にも当社の椅子張り地が紹介され、販路が世界に広がる可能性があります。
当社も、2010年、上海に独資で子会社を設立、人民元での現地売買が可能となりました。
中国での日本企画による椅子張り生地を、当社は1984年から手掛けており、今では年間に、日本向け8万m、中国国内向け7万m、合計15万mを出荷するまでになりました。
日本で企画し中国生産をする織物で、純粋に椅子張り用としてはトップクラスの数量となりましたし、まだまだ拡大の期待される事業となりました。

職人ネットワーク

北関東と東京で40年に渡たって資材販売をさせていただきました。約2000社の口座先ができ、下記の工事ができる職人さんを抱えた口座先が、多数あります。

クロス張り、クロス張替え、エコクロス、布クロス、デザイン貼り、防塵クロス、ガラスフィルム、ダイノックフィルム、サンフット、掲示板クロス、モールドウォール、ソフト巾木、金物、ノンスリップ、クッションフロア、長尺塩ビシート、塩ビタイル、塩ビタイル(デザイン張り)コルクタイル、籐マット、OAフロア(置敷、調整脚)、カーペット(フエルト、グリッパー施工直張り)、カーテン縫製、スタイルカーテン縫製、緞帳縫製、カーテン現場採寸取付、レール取付工事、ブラインド取付工事、吊りレール、電動レール工事、舞台工事、ビニールカーテン、椅子張替え、椅子製作、家具組立搬入

反面、現場を抱えて、職人不足のお得意先様もいらっしゃいます。長年のお付き合いから気心も様子も分かりますので、ご紹介はもちろん、弊社が間に入ることも可能です。
詳しくは、弊社担当販売員までお尋ねください。

社内学校

採用社員には、専門スタッフによる社内学校を、実施しています。弊社の販売部管理者は全員がプレイングマネージャーですから、この社内学校が支援スタッフとして機能します。
特に、下記の項目については、社外で使えるようになるまで、毎日2~3時間のロールプレイを行い、必要に応じて生産工場の見学会も行います。

カーテン、スタイル縫製説明、特徴・同等品との違い(全品)、採寸・見積・取付・割付、
補助金具、メカ物修理、カーテンの機能説明、
クロス副資材の使い分け、クロス採寸、図面・展開図からの積算、
三角スケールの使い方、仕様書の見方、パテ・クロス糊必要量計算、市場価格(全品)
クロス糊希釈率、下敷きテープや重ね切り、ジョイントテープ等の使い方、
ベルビアン・モールドウォール・ペンキ下地クロス・防塵クロス・クイックジョイナーの 見積・施工指導
床材の用途別提案、採寸、タイル・タイルカーペット割付、クッションフロア・長尺塩ビシート施工方法、
ジュータン施工、タイルカーペット市松張り、流し張り、塩ビタイル壁際の切りつけ、
長尺、塩ビタイル発注時のロス計算・カット寸法明細、下地の判断、
グリッパー工法と副資材、シーミングテープや目地棒の使い方、
床用接着剤の使い分け、床暖用床材・耐水工法用床材等の用途に合わせた選定

海外ネットワーク

椅子張り生地を主力に取り扱う東京本社では、1970年頃から欧米の最新テキスタイルやデザインの輸入を継続してきました。
近年は、世界的な椅子張り市場の縮小によりその効果が薄れていますが、いまだ元気に新柄を打ち出す欧米のメーカーは、生産基地をアジア化させながらも、提案が尽きることはありません。
真似の出来ない特長ある織物を生産している企業群の中でも、米国タイテックス社、マイクロファイバー社等は、弊社が日本国内の総代理店として、30年以上、そして現在も情報提供しています。